お客様の声
素早い対応を頂き感謝致します。 無事導入できました。 対応が大変素晴らしく, 他の商品も是非購入させて頂きます。 どうもありがとうござい..
Hi“”“
最初、確認メールが 迷惑メールフォルダに来ていて焦りましたがw 確認メール、案内メール、DLリンクとシリアルメール 対応が迅速で安心して取引できました。 ..
珍“”“
ダウンロード、無事インストールできました。 おもったよりスムーズにできたのでほっとしております。 ..
OI“”“
よいお店です。みなさんも利用されることをおすすめします。..
し*りん
無事インストールして使うことができました。迅速なサポート感謝します..
mar
 
Office2013プロダクトキー

 

 
ショッピングカート
0 アイテム
 
ブランド
 
当店の強みとは

認証解除する保証ではなく、認証取得する保証です。

ボリュームライセンス版のOSやOfficeソフトは認証回数分の販売となります。

 

Office2013 インストール方法

Office 2013のインストール

ご入金確認後、店よりダウンロードリンクとプロダクトキーの案内メールが届きます、(12800円の商品は)ここから体験版をダウンロードし、正規版プロダクトキーを入力すれば、製品版になります。9800円の商品と12800円の商品とライセンス形態が違うため、セットアップファイルも違います。
 

OSはWindows8の場合, ダウンロードした.img ファイルを直接開き、Setup.exe を実行します (ダブルクリックします)。

OSはWindows7の場合, ダウンロードした.img ファイルをExtractNowWinZIPで解凍し、setup.exeファイルをダブルクリックします。(ファイルの拡張子はISOに変更した後、DVDに焼くことも可能)

インストーラーが起動します。下図のスプラッシュウィンドウが表示されます。

下図の[マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項]のダイアログが表示されます。

[「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項」に同意します]チェックボックスにチェックをします。チェック後[続行]ボタンを押します。

インストールの種類を選択します。今回は[ユーザー設定]ボタンを押してカスタムインストールします。

下図の[インストールオプション]ダイアログが表示されます。

[ファイルの場所]タブを選択します。ファイルのインストール先フォルダを設定できます。今回はデフォルトのままとしました。

インストールが始まります。

インストール中です。

インストールが完了すると下図のダイアログウィンドウが表示されます。[閉じる]ボタンを押してインストーラーを終了します。

以上でインストールが完了しました。

Office 2013のインストール確認

Office 2013がインストールできるとスタート画面に下図のタイルが表示されます。(Windows8の場合)

Office 2013の初回起動とアクティベーション

Office アプリケーションを起動してみます。Excel 2013を起動しました。Excelのウィンドウが表示され下図のライセンス認証ダイアログが表示されます。今回はMicrosoftアカウントを用いないため、ダイアログの下部にある[プロダクトキーを代わりに入力する]リンクをクリックします。

プロダクトキーの入力ダイアログが表示されます。

プロダクトキーを入力後、右側の[インストール]ボタンを押します。

すぐにOfficeの紹介ダイアログが表示されます。

動画のガイダンスが始まります。

ガイダンスが終わりました。

サインインを促すダイアログが表示されます。今回はサインインしないで利用するため、[サインイン]ボタンの下部にある[いいえ、後にします]リンクをクリックします。

SkyDrive の説明ダイアログが表示されます。右下の[次へ]ボタンを押します。

準備が整った旨のダイアログウィンドウが表示されます。[完了]ボタンを押してダイアログを閉じます。

Excel 2013が利用できるようになりました。

念のため、ライセンス認証されたかどうかはチェックしてみます。

メニューバー「ファイル」→「アカウント」の画面の右側に製品情報欄に「ライセンスン認証された製品」と確認できれば成功です。

 
   再インストールせずに プロダクトキーを変更する方法 
 
プロダクトキーの変更:コントロールパネル⇒プログラムのアンインストール⇒Microsoft Office 2013 Professional plus
変更⇒プロダクトキーの入力より行っていただけます。
 
 
 
 
ご一読ください  (下記内容はご参考まで、再認証など保証致しかねます。)

今後同じPCに再度インストールするかもしれませんので、バックアップファイルの作成をお勧めいたします。

ライセンス認証ではハードウェアに基づいて認証された情報がサーバーに送信されます。ハードウェアの情報が変わってしまいますと再認証できかねます。

OSはWindows 8の場合 :

Office 2013バックアップ: C:\Windows\System32\spp\store フォルダを別の場所にバックアップする.
Office 2013を再インストールしたら: バックアップした store フォルダをC:\Windows\System32\spp\store上書きします。
 
 
OSはWindows 7の場合 :
 
 
C:\ProgramData\Microsoft\OfficeSoftwareProtectionPlatform okens.datをバックアップします。再インストールする場合、バックアップしたファイルを使って上書きします。
 
※「C:\ProgramData」は特殊フォルダなので、「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「ファイル名を指定して実行」で  Shell:common appdata を入力すれば確認できるようになります。

Copyright © 2010~2016 ディーエルソフト
激安ソフト・中古ソフト・Windows10・Office2016 プロダクトキー販売・フォトショップ・イラストレーターCS6 価格 最安値 ダウンロード 購入